全日本選手権11連覇の沖美穂引退に大きな反響 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

全日本選手権11連覇の沖美穂引退に大きな反響

バックナンバー 過去ニュース
 女子プロレーサーの沖美穂(34)が10月25日に開催されたジャパンカップを最後に引退した。シドニー、アテネ、北京と3大会連続の五輪出場に加え、国内最高峰の全日本選手権ロードは11連覇中。ジャパンカップも通算10勝目という花道を飾って第一線から退いた。日本の頂
  •  女子プロレーサーの沖美穂(34)が10月25日に開催されたジャパンカップを最後に引退した。シドニー、アテネ、北京と3大会連続の五輪出場に加え、国内最高峰の全日本選手権ロードは11連覇中。ジャパンカップも通算10勝目という花道を飾って第一線から退いた。日本の頂
 女子プロレーサーの沖美穂(34)が10月25日に開催されたジャパンカップを最後に引退した。シドニー、アテネ、北京と3大会連続の五輪出場に加え、国内最高峰の全日本選手権ロードは11連覇中。ジャパンカップも通算10勝目という花道を飾って第一線から退いた。日本の頂点に君臨しながらの引退に、「どうしてやめるのか?」といった反響が大きかったことに沖自身も驚いているという。

「辞めないで!」
「どうして?」
「よい時に辞めるのは美学だと思っているのですか?」
「中学生の女の子が沖選手を目標にしているので、一緒に走って欲しい!」

 こういったメッセージが送られてくることはまったく予想していなかった。
「自分のことをこんなにも思ってくれる方々がこんなにもいるとは。やってきたことがみなさんにしっかりと伝わっていたのがわかり、うれしかったです」と本人はコメントしている。

 真剣に競技を続けている他の選手に失礼だから、レースは二度と走らないという。現在はその将来設計を公言していないが、男女を通じて世界の頂点で戦ってきた唯一の存在は、日本のだれもが足を踏み入れたことのないような新たなチャレンジをするのは明らかだ。本人からいつ発表されるのか、楽しみでならない。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top