自己表現7月号にMTBプロの山口孝徳のエッセーが掲載 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

自己表現7月号にMTBプロの山口孝徳のエッセーが掲載

バックナンバー 過去ニュース
 MTBプロサイクリスト、山口孝徳が執筆したエッセー「あきらめるにはまだ早い! チャンスは必ずやってくる」が芸術生活社発行の「自己表現」7月号に掲載される。
  •  MTBプロサイクリスト、山口孝徳が執筆したエッセー「あきらめるにはまだ早い! チャンスは必ずやってくる」が芸術生活社発行の「自己表現」7月号に掲載される。
 MTBプロサイクリスト、山口孝徳が執筆したエッセー「あきらめるにはまだ早い! チャンスは必ずやってくる」が芸術生活社発行の「自己表現」7月号に掲載される。

 山口は高校卒業と同時に大阪の実業団「サイクルワールド」に就職。師匠の三浦恭資とともに活躍した。クロスカントリーでは3度のチャンピオンに輝き、世界選手権大会エスポワールクラス(現在のアンダー23クラス)で30位となる。
 その後も世界選手権大会などでも活躍し、03年のUCIポイント(世界ランキング)はアジアNo.1になった。
 さらなる活躍を期待されていたが、03年5月、右腕に悪性黒色腫(メラノーマ)というガンが発症。大学病院にて緊急手術を行って一命をとりとめた。それ以後、紫外線から身を守るための啓蒙活動を積極的に行なっている。
 そんな波瀾万丈の人生を送ってきた山口が書いたエッセーに注目したい。
 
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top