NIPPOの新城幸也がジャパンカップで大健闘の5位 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

NIPPOの新城幸也がジャパンカップで大健闘の5位

バックナンバー 過去レポート
 10月28日に栃木県宇都宮市の宇都宮市森林公園周回コースで2007ジャパンカップ(UCIアジアツアークラス1)が開催され、日本チャンピオンの新城幸也(22=NIPPO・梅丹)が優勝争いに加わり、5位でゴールした。以下はチームレポート。
  •  10月28日に栃木県宇都宮市の宇都宮市森林公園周回コースで2007ジャパンカップ(UCIアジアツアークラス1)が開催され、日本チャンピオンの新城幸也(22=NIPPO・梅丹)が優勝争いに加わり、5位でゴールした。以下はチームレポート。
 10月28日に栃木県宇都宮市の宇都宮市森林公園周回コースで2007ジャパンカップ(UCIアジアツアークラス1)が開催され、日本チャンピオンの新城幸也(22=NIPPO・梅丹)が優勝争いに加わり、5位でゴールした。以下はチームレポート。

 国内で唯一トッププロが走るジャパンカップ、チームは表彰台を目指してスタート。前半は5人の先頭グループに福島康司と清水都貴が加わり、後続集団では新城、宮澤崇史、岡崎和也が体力を温存する。
 勝負はラスト2周回に始まり、後続集団は先行グループを捕らえると一気にペースアップ。11人の先頭グループを形成した。欧州勢にチームからは新城と宮澤が加わるが、すぐに後続の一部も追いつき25人にふくらむ。
 最後の坂では優勝候補のリッコ(サウニエルドゥバル)が単独でアタックするが、下りで転倒し脱落。先頭はプロツアー勢4人と新城の争いになり、期待が高まる。
 このまま4人の勝負かと思われたが、各プロツアーチームとも追走の5人を待ち、チームメイトを増やして合計9人の勝負となった。
 ラスト3kmで先頭に3人を有するサウニエドゥバルのモーリがアタック。新城もワンテンポ遅れて追うが、追いつかず、300mで後続に捕まって5位でゴール。

 表彰台はもちろん、優勝さえすぐ前に見えたレースだっただけに悔いが残るが、過去にないほど勝負ができたジャパンカップとなった。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top