キャノンデールのアパレルがUA新店舗でも販売開始 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

キャノンデールのアパレルがUA新店舗でも販売開始

バックナンバー 過去ニュース

 キャノンデール・ジャパンは、先日発表した2007年キャノンデールアパレル秋冬コレクションをユナイテッドアローズ社の新店舗「SOUNDS GOOD」にて販売することを発表した。

 「SOUNDS GOOD」は“心と体の健康が、これからのおしゃれ”をキーワードとするスポーツと健康をコンセプトにしたユナイテッドアローズ社の新店舗。今年の秋、東京・原宿に1号店をオープンし、スポーツウェアがもつ高い機能と、ファッションブランドならではのデザインを融合した、オシャレなスポーツウェアを提案するショップとなる。いつまでも健康で、美しく、そしてオシャレでいるためにスポーツを楽しむ人々がメインターゲットだという。

 キャノンデール2007年秋冬コレクションは、従来のサイクルウェアに加え、カジュアルラインの「HOOPLA(フープラ)」(*1)とパフォーマンスラインの「CONNECT(コネクト)」(*2)の2 つのサイクルライフスタイルカテゴリーが新たに追加された。
 また、単なるバイクブランドに留まらず、サイクルライフスタイルブランドとして、アパレル、アクセサリー等、自転車を中心にしたライフスタイルを提案できる幅広い商品展開をはかる。
 キャノンデールアパレルは「SOUNDS GOOD」の他に、全国8店舗のキャノンデールストアを中心にキャノンデール正規販売店にて販売する。

(*1)HOOPLA とは英語で「大はしゃぎ、大騒ぎ」を意味する。キャノンデールが提案するカジュアルラインは使い勝手も考慮したアイデアいっぱいのライフスタイルアパレル。
(*2)CONNECT とは英語で「伝達」。ライディング時に遭遇するさまざまなシチュエーションに対応したパフォーマンス性の高いアパレルライン。

【出店概要】
 店舗名:SOUNDS GOOD 原宿店 
 住所:東京都渋谷区神宮前6-8-5
 店舗面積:60.2坪(予定)
 オープン日:2007年10月(予定)
《編集部》
page top