ツール・ド・熊野後のJツアー首位はシマノの大内 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ツール・ド・熊野後のJツアー首位はシマノの大内

バックナンバー 過去ニュース

 5月11日~13日に開催された「ツール・ド・熊野」の結果をうけた最新のJツアー2007ランキングが発表された。開幕戦の「実業団カップ」で優勝したチームミヤタの柿沼 章(35)から深紅のリーダージャージ、ルビーレッドジャージを奪ったのは開幕戦で3位、第2戦「ツール・ド・熊野」で4位に入ったシマノレーシングの大内 薫(29)。
 Jツアー第3戦は6月10日(日)に長野県で行われる第11回全日本実業団個人TTロード選手権大会となる。

Jツアー2007ランキング(第2戦終了時)
1位:大内 薫(シマノレーシング)130ポイント
2位:柿沼 章(チームミヤタ)120ポイント
3位:鈴木 真理(チームミヤタ)100ポイント
3位:廣瀬 敏(愛三工業レーシングチーム)100ポイント
3位:盛 一大(愛三工業レーシングチーム)100ポイント
《編集部》
page top