オランダのオーベルアイセルでNIPPOの宮澤が2位 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

オランダのオーベルアイセルでNIPPOの宮澤が2位

バックナンバー 過去レポート

 5月5日にオランダでロンド・ファン・オーベルアイセルが開催され、NIPPO・梅丹の宮澤崇史(29)が大集団のゴール勝負で2位に入った。優勝はオランダのマルコ・ボス(ヨーピエルス)。以下はチームからのレポート。
  •  5月5日にオランダでロンド・ファン・オーベルアイセルが開催され、NIPPO・梅丹の宮澤崇史(29)が大集団のゴール勝負で2位に入った。優勝はオランダのマルコ・ボス(ヨーピエルス)。以下はチームからのレポート。
 5月5日にオランダでロンド・ファン・オーベルアイセルが開催され、NIPPO・梅丹の宮澤崇史(29)が大集団のゴール勝負で2位に入った。優勝はオランダのマルコ・ボス(ヨーピエルス)。以下はチームからのレポート。

 チームは初めてのオランダレース参戦。第2クラスではあるがスピードが勝負のレース展開に8名のメンバーで臨んだ。なかなか逃げが決まらない中、35km付近で宮澤を含む6名の先頭グループが形成され、後半まで進む。その後ペースが上がらない6名から宮澤ら2名が飛び出し、ゴールを目指す。
 勢いのある後続集団から飛び出した4名に追いつかれた宮澤らは6名に再編成される。先頭集団はラスト20kmで1分30秒、そしてラスト7kmでは40秒まで後続集団に迫られたが、6名はゴールまで逃げ切り、そして宮澤は長いエスケープにもかかわらず2位でゴール。初めての国でチームをアピールした。
《編集部》
page top