柁原彩が女子2km個人追抜競走でジュニア日本新記録 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

柁原彩が女子2km個人追抜競走でジュニア日本新記録

バックナンバー 過去ニュース
 北九州市メディアドームで行われている「平成18年度全国高等学校選抜自転車競技大会」は大会2日目の3月23日、女子2km個人追抜競走で柁原彩(かじわらあや=熊本・千原台高2年)が2分38秒691のジュニア日本新記録を樹立した。これまでの記録は2003年8月10日に萩原麻由子が韓国の大会で記録した2分39秒177。

 柁原はこの大会での高校チャンピオンで、好記録が期待されていたが、大会初日の22日の予選でいきなり2分38秒913という日本記録を樹立。翌23日の同決勝ではさらにこの記録を更新する走りで日本新記録と優勝を果たした。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top