UCIアジアツアーで宮沢崇史が首位を明け渡す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

UCIアジアツアーで宮沢崇史が首位を明け渡す

バックナンバー 過去ニュース

 2月25日に発表されたUCIアジアツアーの最新ランキングで、これまで首位を守ってきた宮沢崇史(29)=NIPPO・梅丹本舗=が5位に陥落した。個人ランキング1位に躍り出たのはイタリアのアルベルト・ロッド(28)。ツール・ド・ランカウィでの区間5勝でポイントを量産した。国別ランキングでは日本が依然1位を堅持している。

●UCIアジアツアー国別ランキング
1. 日本(337点)
2. イラン(182点)
3. ホンコン・チャイナ(90点)
4. マレーシア(59点)
5. 中国(30点)
6. シリア(29点)
《編集部》
page top