宮澤崇史がUCIアジアツアーの個人ランキング1位に | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

宮澤崇史がUCIアジアツアーの個人ランキング1位に

バックナンバー 過去ニュース

 1月26日にUCI(国際自転車競技連合)から発表されたアジアツアーランキングで、日本の宮澤崇史(28=NIPPO・梅丹本舗)が個人ランキングで2位から1位に浮上した。同選手は国内有数の強豪スプリンターで、1月20日から25日までタイで開催されたツアー・オブ・サイアムではポイント賞を獲得するなどで活躍した。
 国別ランキングでも日本は首位。北京五輪の国別出場枠は07シーズン終了時の同ランキングで、1位が3選手、2~4位が2選手を獲得する。しかし強豪国のカザフスタンがまだ本格的なシーズンを開始していないことから、日本はイランと2位争いを展開していくはずだ。

1月25日までのUCIアジアツアーランキング
●個人ランキング
1. 宮澤崇史(NIPPO・梅丹本舗)64点
2. M・ソフラビ(イラン)61点
3. J・クローフォード(オーストラリア)53点
4. H・アスカリ(イラン)51点
5. 黄金宝(ホンコン・チャイナ)40点
6. 土井雪広(スキル・シマノ)35点
6. 廣瀬敏(愛三工業)35点
6. A・クリエフ(ロシア)35点

●国別ランキング
1. 日本 294点
2. イラン 149点
3. ホンコン・チャイナ 90点
4. マレーシア 37点
5. 中国 35点
6. カザフスタン 21点
6. タイ 21点
《編集部》
page top