アメアがスポーツコンピュータのスント取り扱いへ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アメアがスポーツコンピュータのスント取り扱いへ

バックナンバー 過去ニュース

 スポーツ用品・機器業界で世界ナンバーワン企業であるアメアスポーツの日本法人、アメアスポーツジャパンがこれまでの「マヴィック」ブランドに加え、「スント」の取り扱いを開始して「マヴィック・スント事業部」を新設したことを発表した。
 今回の事業部統合により、さまざまなスポーツレジャーに対応したスポーツコンピュータを扱う「スント」が「マヴィック」の持つサイクルチャネルを将来的に活用することで新たな事業領域へ拡大し、また「マヴィック」が「スント」と連動した商品開発・マーケティングを行なうことで、より多くのユーザーに対しブランド認知の機会拡大が図れるという、双方にとって有益な効果を期待している。

 スント社はフィンランドのスポーツコンピュータメーカーとして、伝統的なコンパス類のほかに、『スポーツ・リストップ・コンピュータ』をコンセプトに、スポーツ周りの環境要因や自らのパフォーマンスを分析する各種製品を製造している。その領域はダイビング、クロススポーツ、スノースポーツ、マリンスポーツ、ゴルフ、そしてパーソナルトレーニングに至るまで広範囲に及ぶ。
《編集部》
page top