ツアーオブシャム 福島兄弟1-2フィニッシュ! | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ツアーオブシャム 福島兄弟1-2フィニッシュ!

バックナンバー 過去ニュース

15日に開幕したツアーオブシャムの第1ステージで日本代表として参戦していた福島晋一・康司選手(TEAM VANG)がワンツーフィニッシュを決めた!
  • 15日に開幕したツアーオブシャムの第1ステージで日本代表として参戦していた福島晋一・康司選手(TEAM VANG)がワンツーフィニッシュを決めた!
15日に開幕したツアーオブシャムの第1ステージで日本代表として参戦していた福島晋一・康司選手(TEAM VANG)がワンツーフィニッシュを決めた!

この日のバンコクは、気温36度の酷暑。29チームから、142名の選手が出走した。
康司選手が逃げ、後続の集団に吸収されるタイミングで晋一選手が飛び出し、その後は康司選手とふたりで先行し、かなりの差を開けた。最終的には、1秒ほどの差で1-2フィニッシュ。この85kmのステージを最高の形で征した。

逃げた康司選手はポイントジャージを、晋一選手はリーダージャージを着用し、第2ステージに出走する。

昨年の鎖骨骨折後の初レースで、これだけのパフォーマンスを見せてくれた福島晋一選手。今後の活躍に期待がかる。
ツアー・オブ・シャム(UCI 2-2)は2006年1月15日~21日に全7ステージで戦われる。

<日本代表チーム>

【監 督】
浅田  顕(JCFロード競技部会部会員)

【メカニック・マッサー】
現地スタッフ

【選 手】
福島 晋一 (JPCA・CYCLE RACING TEAM VANG)
福島 康司 (JPCA・CYCLE RACING TEAM VANG)
宮澤 崇史 (長野・CYCLE RACING TEAM VANG)
石田 哲也 (愛知・TEAM NIPPO)
佐野 友哉 (大阪・TEAM MATRIX)
《編集部》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫ジュビロ磐田・小川航基のスーツ姿がイケメンすぎる!
page top