完敗を認めるバルセロナのエンリケ監督「明らかに劣っていた」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

完敗を認めるバルセロナのエンリケ監督「明らかに劣っていた」

スポーツ 短信

パリ・サンジェルマン対バルセロナ(2017年2月14日)
  • パリ・サンジェルマン対バルセロナ(2017年2月14日)
  • パリ・サンジェルマン対バルセロナ(2017年2月14日)
  • パリ・サンジェルマン対バルセロナ(2017年2月14日)
  • パリ・サンジェルマン対バルセロナ(2017年2月14日)
  • バルセロナのルイス・エンリケ監督 参考画像(2016年9月12日)
パリ・サンジェルマン(フランス)との試合に0-4で敗れたあと、バルセロナ(スペイン)のルイス・エンリケ監督は、「すべての面で我々が劣っていた」と完敗を認めた。

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦で対戦した両チーム。バルセロナはアンヘル・ディ・マリアのFKで先制を許すと、その後は好機こそ作るもゴールが決まらず、パリSGの前に大敗を喫した。

「説明するのは難しくない」とエンリケ監督。相手が強かったとパリSGを称えた。

「開始直後から相手のほうが我々よりも上だった。試合開始から我々以上に相手がプレスをかけてきた。パリSGはチャンスを作り、ボールがあるときもないときも彼らのほうが上だった。今日はひどい夜になったし、明らかに我々のほうが劣っていた」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら