野営で、通勤で、リゾートで“原付きオフロード車”…キャンピングカーショー2017 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

野営で、通勤で、リゾートで“原付きオフロード車”…キャンピングカーショー2017

イベント 試乗会

ジャパンキャンピングカーショー2017
  • ジャパンキャンピングカーショー2017
  • ジャパンキャンピングカーショー2017
  • ジャパンキャンピングカーショー2017
  • ジャパンキャンピングカーショー2017
  • ジャパンキャンピングカーショー2017
  • ジャパンキャンピングカーショー2017
  • ジャパンキャンピングカーショー2017
  • ジャパンキャンピングカーショー2017
ジャパンキャンピングカーショー2017で、アウトドア好き・乗り物好き・メカ好きが釘付けになった“キャンピングカー以外”の出展のひとつが、『ネクストクルーザー』だ。普通自動車免許で乗れるオフロードカーで、ミニカー登録の原動機付自転車という扱いだ。

ネクストクルーザーは、空冷・単気筒49ccのエンジンをフロントに載せ、前進3段・後進1段のセミオート変速機でつなぎ、チェーンを介して後輪を駆動させるオフロード車。乗車定員は1人で、「公道走行可」「車検・車庫証明・重量税・取得税 一切不要」「最高速度50km/h」「ヘルメット・シートベルト 不要」「新車乗り出し価格 39万8000円」といったコピーがおどる。

車重は150kg、タンク容量は3.8lで、燃費は27km/l。「ガソリン満タンで80~100kmは走れる」。最大出力は3.35kw/8000rpm、最大トルクは3.1Nm/5500rpm。独立懸架シャスペンションを組む前輪には1輪ずつディスクブレーキが、後輪にはチェーン脇にひとつのディスクブレーキがつく。

キャンピングカーとともに同車を展示していたブレイズ(名古屋市)の担当者は、「中国製だけど、グリースやオイル、ホース類は日本製パーツに変更している。バッテリーなども自社指定工場で交換・整備に対応している。また他社の自動車修理工場、用品店などでメンテナンス・リペアをする場合も、連絡先を教えてもらえれば、担当者と直接やりとりし、アドバイスしていく」と来場者たちに伝えていた。

「リゾートホテルのアトラクション目的や、別荘のオーナーなどが移動手段として購入していく。『通勤に使いたい』といって買っていく人もいる」そうだ。

【キャンピングカーショー2017】野営で、通勤で、リゾートで…原付きオフロード車

《大野雅人@レスポンス》

編集部おすすめの記事

page top