エヴァートン対リバプール、マージーサイド・ダービーで両監督が火花 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

エヴァートン対リバプール、マージーサイド・ダービーで両監督が火花

スポーツ 短信

エヴァートンのロナルド・クーマン監督 参考画像(2016年10月15日)
  • エヴァートンのロナルド・クーマン監督 参考画像(2016年10月15日)
  • リバプールのユルゲン・クロップ監督 参考画像(2016年12月4日)
イングランド・プレミアリーグ第17節では12月19日、エヴァートン対リバプールのマージーサイド・ダービーが行われる。対戦を前に会見で両チームの監督が勝利への強い意欲を見せた。

ホームでライバルを迎え撃つエヴァートンのロナルド・クーマン監督。記者から直近のダービー19試合で1勝しかしてないことを指摘され、「確かに19試合で1勝というのは良くない。いまこそリバプールを倒すときだ」と答えた。

普段とは違う雰囲気での試合が予想されることに、リバプールのユルゲン・クロップ監督は、「難しい相手だと選手たちが理解していることが重要だ」とコメント。エヴァートンのファンを黙らせたいとした。

「もちろんこういう試合では常に雰囲気のことがたくさん話される。我々はスタンドのすべてのスペースを埋めることになると思う。エヴァートンがこちらにくれるスペースは、すべて埋まるだろうね。それでも、おそらくエヴァートンファンのほうが少し多いだろう。だから我々の仕事は可能ならば、できるだけ彼らを大人しくさせることだ」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら