マンCのグアルディオラ監督、プレミア攻略のカギはセットプレー | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

マンCのグアルディオラ監督、プレミア攻略のカギはセットプレー

スポーツ 短信

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督 参考画像(2016年12月5日)
  • マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督 参考画像(2016年12月5日)
今シーズンのマンチェスター・シティは、イングランド・プレミアリーグで開幕6連勝を達成し、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で最高のスタートを切った。誰もが名将ペップを称賛したが、最近は勢いに陰りが見られる。

シーズン中盤に差し掛かり増えてきた批判にグアルディオラ監督は、「クラブとして受け入れるべきだ。うまくいってないことを私は監督として、受け入れなければならない」と向き合った。

「ホームでの最近4試合は勝てなかった。4試合で4点しか取っていない。そのことについて言い訳はできない。自分の信念を変えるということではないが、信じることを改善していく必要がある。それがいま私の感じていることだ。うまくいかない時期には気持ちを強く持って、批判を受け入れなければならない」

以前の会見ではイングランドのサッカーに戸惑った様子も見せたグアルディオラ監督。これまでとの違いを分析しなければならないと話していたが、その糸口をスウォンジー対クリスタルパレス戦に見たと言う。

「5-4の試合だった。9ゴールが生まれて、そのうち8点がセットプレーだった。そこを抑える必要があるが、いまの我々にはできていない。9点中8点がセットプレーだ。ボールは止まっているということだよ。それがイングランドのサッカーであり、私も適応する必要がある。いままで経験のないことだからだ。もちろんCKは他国にもあるが、試合への影響力は同じではない」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら