マンCのグアルディオラ監督、プレミアで苦戦「いままでと違う」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

マンCのグアルディオラ監督、プレミアで苦戦「いままでと違う」

スポーツ 短信

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督 参考画像(2016年12月5日)
  • マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督 参考画像(2016年12月5日)
  • マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督 参考画像(2016年8月20日)
  • マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督 参考画像(2016年12月10日)
今シーズンからマンチェスター・シティの指揮を執り、イングランド・プレミアリーグでの挑戦を始めたジョゼップ・グアルディオラ監督。就任1年目から大きな期待をかけられたが、第15節が終わって首位と7ポイント差の4位と勝ち点が伸び悩んでいる。

第15節で岡崎慎司の所属するレスター・シティと対戦したマンチェスターC。開始3分でジェイミー・ヴァーディに先制ゴールを許すと、2分後にはアンディ・キングにも決められ前半5分で0-2。その後もヴァーディを止められず、前節まで不振に喘いでいた敵エースにハットトリックを決められてしまった。

「私がやりたいサッカーは失点を減らして、もっと点を奪おうとするシンプルなものだよ。シーズン中に我々がやってきた戦い方の基本は数度の例外を除いて、とても良いものだった。だから今日の我々のプレーが悪かったとか、プレーに創造性がなかったとは言えない。開始4分で0-2にされて3点目を失ったあとでも、我々はトライした。だが確かに我々は大量失点した」

2-4という大敗は自身のキャリアでも多くない経験だとグアルディオラ監督。プレミアリーグの難しさを感じた。

「私は試合をコントロールする戦い方をしようとしてきたから、監督としてのキャリアにおいてあまり失点したことはなかった。ここではそうはいかない。どうしてなのか分析する必要がある」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら