東京ゲームショウ…コナミのPOPPING FLASHに行列、自分の瞬間芸を360度動画で楽しむ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

東京ゲームショウ…コナミのPOPPING FLASHに行列、自分の瞬間芸を360度動画で楽しむ

イベント 文化

コナミブースの360度24台カメラによる「POPPING FLASH」
  • コナミブースの360度24台カメラによる「POPPING FLASH」
  • コナミブース
  • コナミブースの360度24台カメラによる「POPPING FLASH」
  • コナミブースの360度24台カメラによる「POPPING FLASH」
  • コナミブースの360度24台カメラによる「POPPING FLASH」
『ウイニングイレブン2017』や『実況パワフルプロ野球』シリーズ、『METAL GEAR SURVIVE』などのトレンドを試遊・閲覧できる東京ゲームショウのコナミブースは、360度24台のカメラで一瞬を切り取る「POPPING FLASH」なる撮影コーナーに行列ができた。

POPPING FLASH の撮影現場はいたってシンプル。4畳半ほどの円形スペースのまわりに、24台の1眼レフカメラ(ニコン D3300)が設置され、その円形舞台で参加者は“瞬間芸”を披露するだけでOK。

24台のカメラがそのパフォーマンスを瞬時にとらえ、その瞬間芸を全方位からパラパラ漫画(もしくはタイムラプス映像)のように描いた動画が本人にプレゼントされるというもの。



参加者は瞬間芸を円形スペースで披露したあと、3分もするとQRコードが手渡され、自分のパフォーマンスの“360度パラパラ動画”がダウンロードできる。参加者はさっそくダウンロードし、ツイッターやFacebookで見せあっていた。

同社ブースでは9月17日・18日の一般公開日に『ウイニングイレブン 2017』世界最速公式大会や、複数人vs世界王者の変則対決によるスペシャルマッチなどを開催。

また、17日10時半からは、2017年1月発売予定の新作『ドライブガールズ』の発表や、キャラクターデザインを手掛けたUGUMEさん、主人公のコスプレにふんしたタレント・林花音さんらが登壇し、ゲーム内容を紹介するという。
《大野雅人》

編集部おすすめの記事

page top