【THE REAL】本田圭佑がACミランで乗り越えるべき最大の逆風…日本代表でも生き残っていくために | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE REAL】本田圭佑がACミランで乗り越えるべき最大の逆風…日本代表でも生き残っていくために

オピニオン コラム

本田圭佑 参考画像(2016年9月11日)
  • 本田圭佑 参考画像(2016年9月11日)
  • 本田圭佑 参考画像(2016年8月10日)
  • 本田圭佑 参考画像(2016年9月11日)
  • 本田圭佑 参考画像(2016年8月10日)
  • 本田圭佑 参考画像(2016年9月1日)
  • 本田圭佑 参考画像(2016年8月10日)
4人の監督から厚い信頼を寄せられ、2010年代の日本代表を力強くけん引してきた本田圭佑が、サッカー人生で最大といっていいほどの逆風にさらされている。

所属するセリエAのACミランで、ベンチにこそ入るものの、先発としてピッチに立てない。9月11日のウディネーゼとの第3節は、本田が置かれた厳しい現状を図らずも証明する一戦となった。

■3試合続けてベンチスタート

ウディネーゼ戦では、8月27日のナポリとの第2節で退場処分を受けたスロバキア代表MFユライ・クツカ、元U‐21フランス代表FWエムベイェ・ニアンの2選手が出場停止となっていた。

加えて、夏の移籍市場の最終日にフィオレンティーナから期限付き移籍で加入した、チリ代表MFマティアス・フェルナンデスが、9月6日のボリビア代表とのワールドカップ南米予選で負傷退場を強いられてしまう。

本田圭佑 (c) Getty Images

攻撃系の選手を3人も欠いてしまう緊急事態で、しかし、中盤とサイドの両方でプレーできる本田に声はかからなかった。これで開幕から3試合続けてベンチスタート。第1節のトリノ戦、そしてナポリ戦ではピッチに立つことなく試合終了のホイッスルを聞いている。

「その質問は何回も受けているので、今度はどのような答えにしようかなと思っているんですけど」

UAE(アラブ首長国連邦)代表と対戦した、ワールドカップ・アジア最終予選のために帰国していた8月下旬。ミランにおける現状を聞かれた本田は苦笑いともにこう前置きをしながら、独特の表現で厳しいことを認めている。

「確かに序列のスタート地点も、いままでよりも何が状況的に変わったかというと、契約が満了に向かっている選手という扱いになってきている気がする。やっぱり(序列が)低いので、もう少しアプローチのやり方を変えないと、簡単には試合に出られないのかなという気がしますけどね」

本田圭佑 (c) Getty Images

ミランと本田の契約は来年6月末で切れる。チームにとって必要不可欠な選手であれば、契約延長へ向けた交渉が始まってもおかしくはない時期。しかし、そうではない非情な現実が「契約が満了に向かっている選手という扱い」なる、本田の言葉に凝縮されている。

今シーズンから指揮を執るヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、基本フォーメーションを「4‐3‐3」にすえている。本田が出場機会を得るとすれば前線の「3」の右か、逆三角形で組む中盤でキャプテンのリッカルド・モントリーヴォの前に位置するインサイドハーフのどちらかとなる。

しかし、昨シーズンわずか1ゴールに終わっていた本田に対する新指揮官の評価は、残念ながら芳しいものではないのだろう。前者のポジションでは元U‐21スペイン代表で、ジェノアでの武者修行を終えて復帰したスソに大きく水を開けられた2番手。後者に至っては“圏外”のまま開幕を迎えていた。

【次ページ “飼い殺し”になりかねない】
《藤江直人》

編集部おすすめの記事

page top