ベラトール移籍のベンソン・ヘンダーソン、デビュー戦で王座挑戦 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ベラトール移籍のベンソン・ヘンダーソン、デビュー戦で王座挑戦

スポーツ 選手

アメリカの総合格闘技団体「Bellator MMA」
  • アメリカの総合格闘技団体「Bellator MMA」
アメリカの総合格闘技団体「Bellator MMA」は、公式サイトで元UFCライト級王者ベンソン・ヘンダーソンと契約したと発表した。

過去「UFC」からBellator(ベラトール)へ移籍した選手はいるが、その多くはUFCからリリースされてのもの。現役のトップファイターが他団体へ移籍したことに驚きが広がっている。

ヘンダーソンは2006年にプロ格闘家デビュー。ブラジリアン柔術黒帯のほか、大学時代はレスリングでもNAIAで2度のオールアメリカンに選ばれ、テコンドー仕込みの打撃も持つオールラウンダー。2012年2月28日に行われたUFC144でフランク・エドガーを下し、UFC世界ライト級王座に就いた。

ヘンダーソンの移籍に格闘技ファンからは、「UFCが大金積んででも引き留めなかったのが全部なような…」「ベンヘン移籍マジか。また日本で見たいな」「年末RIZIN参戦を期待してしまう」「数年前なら考えられなかった。UFCの力が弱まってるのかな」などの反応が寄せられている。

ベラトールはRIZINとも協力関係にあるため、日本のリングに上がって欲しいと期待する声も多い。

気になるヘンダーソンのベラトールデビュー戦は4月22日、アンドレイ・コレシュコフとのウェルター級タイトルマッチに決まった。

#Bellator153: @bensonhenderson gets immediate welterweight title shot against @koreshmmarus DETAILS on Bellator.com

Bellator MMAさん(@bellatormma)が投稿した写真 -

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top