オーストラリア最高峰の自転車レース開幕…ツアーダウンアンダー2016 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

オーストラリア最高峰の自転車レース開幕…ツアーダウンアンダー2016

スポーツ 短信

Tour Down Under 2016
  • Tour Down Under 2016
  • 開幕前のステージ
  • ツァービレッジ
  • ツァービレッジ
  • ツァービレッジ
  • ツァービレッジ
  • ツァービレッジ
  • ツァービレッジ
1月16日の開会式でスタートを切ったツアーダウンアンダー2016。2016年は13か国140人の選手でレースが展開される。

2015年からスタートしたダウンアンダーと同時開催のサントス・ウィマンズ・ツアーはUCI2.2に認定されたことで数か国からの女性サイクリスト(17チーム・5か国166名)がレースを競い合う。

開会式当日は暑さもあまりなく快適な夏空となった。会場ではプレゼンテーションの開始を待ちわびる多くの観客となったが、電気機械の故障からスケジュールよりもかなり遅れての開催。

セレモニーはアボリジニーの民族音楽でスタートしボーダーレスのインターナショナルレースということを印象付けた。またプレゼンテーション終了後にはオーストラリアンアイドルで準入賞を果たしオーストラリアでは実力派シンガーとして名高いジェシカ・マウボイが歌を披露。会場にはファンが多く詰めかけ、コンサート中盤にはプレス用に用意されたステージ下の特設施設に子供たちが集まり彼女の歌に合わせて踊る姿も。

■開会と同時にツァービレッジがオープン。

今年はサイクリストの育成が特に注目されており、子供たちが自転車への興味を持つような様々な工夫がされている。世界で活躍しているサイクリストとの距離も近いイベントであることから夢を描く子供たちの姿も多い。

ビレッジでは他州の動物園から来たコアラや蛇と戯れる選手やスタッフの姿もあり、レース前の緊張を時ほぐしすのに一役買ったようだ。

■観光客に向けてのサービス展開

観光客がもっとも多くなるこの時期、南オーストラリアの情報発信ブースを開設
またローカルコミュニティーの母体となっている協会では現在も進行中である無料のレンタル自転車の紹介やコミュニティーライドグループの紹介など年齢問わず自転車ライドのことなら相談できる特設会場を設けている。

■無料のWifiスポット

インターネットが使いやすいようにビレッジ内にはWifiスポットを特設。WiFiを提供しているのはスプリントジャージを提供しているiiNET。インターネットアクセスの利便化により多くの人が現場中継を手軽に楽しめるようになっている。

またツアー・ダウンアンダーのレース前後に一般が参加できるスポーツイベントの企画が多く用意されており、街は多くのサイクリストや観客で賑わう。

「6ステージ総計で781.3km。新しいコースが新設されまた違った楽しみが増えるのではないか。毎年大きくなっているイベントで誰もが楽しめるようにスタッフ一同イベントをより良いものにし続けている。」とレースディレクターのマイク・チュールチュールは語る。

ビレッジは若干の時間の変更はあるものの、開催中は毎日オープンの予定。レースは18日を除き24日まで開催される。
《Photographer Asami SAKURA》

編集部おすすめの記事

page top