FIFAに新たな疑惑…ドイツW杯招致委員会、理事を12億円で買収との報道 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

FIFAに新たな疑惑…ドイツW杯招致委員会、理事を12億円で買収との報道

スポーツ 短信

サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
  • サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
国際サッカー連盟(FIFA)は、このところ汚職事件関連で何かと騒がしい。2018年W杯と2022年W杯の招致をめぐっても、不正疑惑が取り沙汰されている。それに加え2006年のドイツW杯にも買収の可能性が取り沙汰され始めた。

ドイツの新聞『シュピーゲル』は、W杯を開催するためドイツ大会の招致委員会が、約900万ユーロ(約12億円)でアジア出身の理事4人を買収したと報じている。中心人物として、当時アディダスのトップだったロベール・ルイ=ドレフュスが名指しされている。

フランツ・ベッケンバウアーと、現在ドイツサッカー連盟(DFB)の会長を務めるボルフガング・ニールスバッハは買収に気づきながら、黙認していたと『シュピーゲル』は報じている。DFBは声明を発表して『シュピーゲル』の報道に反論した。

「調査と聞き取りを行いDFBは不正のいかなる証拠も見出さなかった。さらにどの投票者のどの段階の投票でも、不正に勝ち取ったとの証拠はない」

一方でDFBは6700万ユーロ(約91億円)を、委員会から2005年にFIFAへ支払ったことは認めた。その金は「意図した目的に使われなかったかもしれない」とも話している。

FIFAを揺るがす新たな火種となるか今後の成り行きが注目される。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top