FIFA汚職問題、スポンサー企業がブラッター会長の辞任を求める | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

FIFA汚職問題、スポンサー企業がブラッター会長の辞任を求める

スポーツ 短信

FIFAのゼップ・ブラッター会長 参考画像(2015年3月20日)
  • FIFAのゼップ・ブラッター会長 参考画像(2015年3月20日)
2015年にサッカー界を揺るがした大事件といえば、国際サッカー連盟(FIFA)の幹部一斉摘発だろう。捜査の手はゼップ・ブラッター会長にも及んでいる。

2016年2月に行われる次期会長選まで会長職にとどまり、早期辞任する意思がないことを繰り返し主張してきたブラッター会長。だが司法当局にマークされている人物が、暫定的とはいえ組織のトップに立ち続けるのはイメージを損なうとし、複数のスポンサーが難色を示し始めた。英国『BBC』はマクドナルドやコカ・コーラなどが、ブラッター会長の即時退任を求めているとしている。

この動きに英国スポーツ相のトレイシー・クラウチ氏も呼応する。自らもサッカーの指導者資格を持ち、トッテナムの大ファンとして知られるクラウチ氏は「ブラッターがいなくなれば大規模な改革をすぐに始められる」と、FIFAの抜本的な改革にはブラッター会長の退任が必要と発言した。

本格化するブラッター降ろしにファンは、「スポンサーがみな降りちゃえばいい、一度や二度、ワールドカップなんてなくてもいいからしっかり浄化してほしい」「スポンサーから見放される会長って…」「FIFAの腐った体質がサッカーを盛り下げるなら、浄化は必然」「ここまできたら普通辞任するよね」「"金の亡者"FIFAとしてはブラッターをきるしか選択はなくなったね」など、さすがに無視できない流れとのコメントを寄せている。

ブラッター会長は10月2日にも、即時辞任する意思はないと繰り返したが、果たしてスポンサーが納得するか。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top