ツール・ド・台湾 第2ステージ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ツール・ド・台湾 第2ステージ

スポーツ 短信

10月30日に開催された第2ステージは、台南市内で、5.4kmを18周するクリテリウム。綾部勇成(日本代表/ミヤタ・スバル)選手からのレポート。

風が強く、それが勝敗を分けるかもしれない。
序盤からペースが上がり、すぐに15人程度の逃げができたが日本代表からは、柿沼選手(日本代表/ミヤタ・スバル)一人。ただ、チームとしては今後控える山岳ステージで総合は決まると読んでいるので、無理に追走はしなかった。後方集団のペースが上がり、逃げを吸収。

その後はポイント賞の前に、ペースが上がる程度だったが、カザフスタン選手の逃げを追い、長沼(日本代表/ブリヂストンエスポワール)、新城(沖縄)がアタック。続いてメリダチームから二人でアタック。回りは追ったが追いつけなかった。
長沼、カザフスタン選手が脱落。ジャイアントチームが追ったものの、差は一向に詰まらず、そのままゴール。後続の集団はスプリントになったが、日本人勢は誰も抜け出せず、綾部の15位が最高だった。

前、前、で走っていたが、決定的なところで後手になってしまった。明日はこういうことがないようにしたい。
《編集部》

まとめ

スポーツ アクセスランキング

  1. クリスティアーノ・ロナウドが酒、タバコをやらず、身体に刺青を入れない理由

    クリスティアーノ・ロナウドが酒、タバコをやらず、身体に刺青を入れない理由

  2. ダルビッシュ有の筋肉ムキムキの姿に…ファン「野球選手の身体じゃない」

    ダルビッシュ有の筋肉ムキムキの姿に…ファン「野球選手の身体じゃない」

  3. ダルビッシュ有がオファー「まさかの展開」…則本昂大が自主トレ参加

    ダルビッシュ有がオファー「まさかの展開」…則本昂大が自主トレ参加

  4. 巨人、契約更改時のスーツ姿を公開…ファン「かっこよすぎ」

  5. 田中将大と大谷翔平がキャッチボール…「すごいなぁ」とファンもため息

  6. FAの上原浩治、球団公式サイトは「最大の損失」

  7. 山本昌、松井秀喜は「3年目あたりから手がつけられなくなった」

  8. 為末大が館長、豊洲にランニング施設「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」が誕生

  9. 田中将大、イ・ボミからゴルフを教わる…目標スコアは70台

  10. 全日本マーチングコンテスト金賞・京都橘高等学校の演技がすごい!

アクセスランキングをもっと見る

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら