UCIロード世界選手権 男子エリート・個人ロードレース | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

UCIロード世界選手権 男子エリート・個人ロードレース

スポーツ 短信

参加枠の獲得自体が困難で、完走はその向こうの夢だった男子エリートに、今年3名の枠を獲得。国内のセレクションを勝ち抜いた福島晋一・康司兄弟(ともにブリヂストンアンカー)と飯島誠(スミタラバネロパールイズミ)が挑んだ。目標は「完走」。273kmで競われる世界最
  • 参加枠の獲得自体が困難で、完走はその向こうの夢だった男子エリートに、今年3名の枠を獲得。国内のセレクションを勝ち抜いた福島晋一・康司兄弟(ともにブリヂストンアンカー)と飯島誠(スミタラバネロパールイズミ)が挑んだ。目標は「完走」。273kmで競われる世界最
参加枠の獲得自体が困難で、完走はその向こうの夢だった男子エリートに、今年3名の枠を獲得。国内のセレクションを勝ち抜いた福島晋一・康司兄弟(ともにブリヂストンアンカー)と飯島誠(スミタラバネロパールイズミ)が挑んだ。目標は「完走」。273kmで競われる世界最高峰の舞台に、どこまで迫れるのか。

冒頭、ヴァシレフ(ブルガリア)が飛び出したが、集団は追わず、サイクリングモード。先頭集団は4名になったが、タイム差7分のまま、コースの半分を終えた。

残り100km、集団がペースを上げ始め、選手の吸収を始める。ここで康司が遅れてしまった。ペースの上がった集団は、サバイバルレースの様相を呈す。飯島も遅れ始めた。新たな先頭集団の編成と吸収が繰り返され、迎えた22名での最終決戦。征したのはボーネンだった。

補給を取りに行き、中切れに遭い、集団からちぎれた晋一が125位、飯島が135位でゴール。日本の悲願であった「完走」は見事達成したものの、選手たちは悔しさを強くにじませ、このままでは終われないと語っていた。
まずは今年、日本が歴史的な第一歩を踏み出したことは確かである。


1.BOONEN Tom BEL 6:26:10
125福島晋一 + 12:56
135飯島誠 + 27:12
《編集部》

まとめ

スポーツ アクセスランキング

  1. ダルビッシュ有の筋肉ムキムキの姿に…ファン「野球選手の身体じゃない」

    ダルビッシュ有の筋肉ムキムキの姿に…ファン「野球選手の身体じゃない」

  2. クリスティアーノ・ロナウドが酒、タバコをやらず、身体に刺青を入れない理由

    クリスティアーノ・ロナウドが酒、タバコをやらず、身体に刺青を入れない理由

  3. FAの上原浩治、球団公式サイトは「最大の損失」

    FAの上原浩治、球団公式サイトは「最大の損失」

  4. 田中将大と大谷翔平がキャッチボール…「すごいなぁ」とファンもため息

  5. 川崎宗則、来季チームはまだ未定「どこかのユニフォームを着たい」

  6. ダルビッシュ有がオファー「まさかの展開」…則本昂大が自主トレ参加

  7. 岩村明憲、BCリーグにかける想い「プロ野球選手を輩出したい」…裏話トーク(4)

  8. ヤクルト・つば九郎、年俸2万2000円とヤクルト飲み放題で契約更改

  9. 巨人・井端弘和が引退「由伸よりも長く続ける気持ちはなかった」

  10. 岩隈久志、マリナーズからの19億円オファー断り争奪戦へ

アクセスランキングをもっと見る

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら