マンUのモウリーニョ監督、トップ4入りは保険?「EL優勝のほうが良い」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

マンUのモウリーニョ監督、トップ4入りは保険?「EL優勝のほうが良い」

スポーツ 短信

マンチェスター・ユナイテッドがミドルスブラに勝利(2017年3月19日)
  • マンチェスター・ユナイテッドがミドルスブラに勝利(2017年3月19日)
  • ジョゼ・モウリーニョ (2017年1月29日)
イングランド・プレミアリーグ第29節が3月19日に行われ、マンチェスター・ユナイテッドがミドルスブラに3-1で勝利した。試合後の会見でジョゼ・モウリーニョ監督は、ライバルクラブが敗れたチャンスを生かす重要な勝利だったと語っている。

今節ではトップ4争い中のアーセナルが敗れ、マンチェスター・シティとリバプールの直接対決も引き分けに終わった。このチャンスを生かしてマンチェスター・Uはアーセナルをかわし5位に浮上している。

「今日の試合に勝たなければアーセナルが負けたというのに、我々はチャンスをふいにするところだった。誰かが勝ち点を失ったチャンスをふいにするところだった。だから我々が生き残るためにとても重要な一戦だった」

会見の途中でモウリーニョ監督は「4位で終わるのとUEFAヨーロッパリーグ(EL)での優勝と、どちらを私が取ると思う?」と集まった記者に問いかけた。モウリーニョ監督はELで優勝し、タイトルと来シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権を取るほうが自分の好みだと話している。

「どちらもCL出場権を得られるのは同じだが、EL優勝ならトロフィーも手に入るからね。だがもしかしたらELで優勝できないかもしれない。だから4位で終われるようできる限り奮闘しなければならない」

負傷者も抱えながらの勝利にモウリーニョ監督は選手の姿勢や野心を評価。目標に対して素晴らしい答えを出した非常に大きな勝利だったと喜んだ。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top