【WBC2017】ジョーンズが米国を救うビッグプレー、ホームランをフェンス際で好捕 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【WBC2017】ジョーンズが米国を救うビッグプレー、ホームランをフェンス際で好捕

スポーツ 短信

アダム・ジョーンズ 参考画像(2017年3月17日)
  • アダム・ジョーンズ 参考画像(2017年3月17日)
3月18日に行われた『2017ワールド・ベースボール・クラシック』(WBC)2次ラウンドF組アメリカ対ドミニカ戦で、アメリカのアダム・ジョーンズにスーパーキャッチが飛び出した。

ジャンカルロ・スタントンの2ランで2点リードして迎えた七回。アメリカは3番手のタイラー・クリッパードが、ドミニカの先頭打者マニー・マチャドにセンターバックスクリーン横へ大飛球を打たれた。

マチャドもホームランと確信して打球を見送りながらゆっくり歩き出す。だがフェンス際でアメリカ中堅手のアダム・ジョーンズが歩幅を合わせ、タイミングを計りジャンプ。観客の目の前でホームランを阻止した。

このプレーにボルティモア・オリオールズではチームメートのマチャドもヘルメットを高々と掲げ脱帽、助けられたクリッパードは両手を突き上げ信じられないと叫んだ。


アメリカを勝利へ導いたスーパーキャッチに野球ファンからは、「かっこいいな。相手の好プレーを称える姿も清々しい」「今回はAJの大会かもなぁ。 並々ならぬ決意を感じる」「さすがはGG常連のジョーンズ」「この直後にホームラン叩き込むカノもさすがだよな」「捕らなければ入ってた」などの声が寄せられている。

ドミニカを6-3で破ったアメリカが決勝ラウンドに進出。準決勝では野球日本代表・侍ジャパンと対戦する。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top