ガンバ大阪・東口順昭、顔面骨折で離脱…「また闘える体に戻すのがベスト」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ガンバ大阪・東口順昭、顔面骨折で離脱…「また闘える体に戻すのがベスト」

スポーツ 選手

東口順昭 参考画像(2015年8月9日)
  • 東口順昭 参考画像(2015年8月9日)
ガンバ大阪に所属するGK東口順昭が3月13日、ブログを更新。11日の川崎フロンターレ戦で負傷したことについてつづっている。

東口は、後半34分に川崎のFW大久保嘉人のPKを跳ね返し阻止。しかし、こぼれ球に詰めた大久保と接触した。チームは、東口の再三の好セーブもあり0-3で完封勝利している。

「ご心配をおかけしました。」と題したブログで、「調子が良かっただけに今回のケガは悔しいけどまた闘える体に戻すのがベストだと思いました」と東口。「サッカーを離れるのは辛いですが、これを乗り越えて次は接触しても怪我しない頑丈な体にパワーアップして戻って来れるよう努力するしかないですね」と続け、前向きな姿勢を示している。

ガンバ大阪は14日、東口のケガについて「左頬骨骨折」と発表。今月23日から再開されるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本代表への召集は絶望的のようだ。


ブログにファンからは、「骨折しながらもピッチに立ち続け、ゴールを守り抜く姿に感動しました!」「ホンマに調子よかったから残念  完治祈ってます!」「ほっぺ腫れてたもんね」「東口選手のスーパーセーブ震えました! 今は治療に専念して更にパワーアップした姿を見せて下さい!」「試合後のガッツポーズが最高にかっこよかったです!」「ブログから前向きに治療に専念していく姿勢が伝わってきて、やっぱ一流の選手は凄いなと感心させられます」など激励のコメントが多く寄せられていた。

また、東口と親交のあるヴィッセル神戸のFW渡邉千真は、「早く元気になってまたナイスプレー見せてくれ~俺以外の時で!笑」と東口のお見舞いに行ったことをツイッターで報告。ツーショット写真を投稿し、東口の元気な姿を見せている。

《桜川あさひ》

編集部おすすめの記事

page top