ナイキ エア製造施設内部の紹介動画が公開 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ナイキ エア製造施設内部の紹介動画が公開

新着 技術

ナイキ エア製造施設内部の紹介動画が公開
  • ナイキ エア製造施設内部の紹介動画が公開
  • ナイキ エア製造施設内部の紹介動画が公開
  • ナイキ エア製造施設内部の紹介動画が公開
  • ナイキ エア製造施設内部の紹介動画が公開
  • ナイキ エア製造施設内部の紹介動画が公開
  • ナイキ エア製造施設内部の紹介動画が公開
  • ナイキ エア製造施設内部の紹介動画が公開
  • ナイキ エア製造施設内部の紹介動画が公開
ナイキは、ナイキ エア製造施設の内部を紹介した動画「FRESH AIR FROM OREGON」公開した。

動画は、ナイキ エアが施設内でどのように作られているかを初めて収めたものだ。製造施設の内部を見ることができる。今回、紹介する施設内で作られているナイキ エアは、1977年にフランク・ルーディという発明家が、同社創設者の1人であるフィル・ナイトにエアバッグをシューズの中に入れるというアイディアを紹介したことがきっかけとなって誕生した。

このテクノロジーは30余年間で、エアと聞けばナイキが連想されるほど世の中に認知されるようになった。エアは業界を変える革新的なアイディアとなり、同社をイノベーションカンパニーとして確立させた技術となっている。

このエアを開発し、完成させた2つの施設のうちの1つがオレゴン州ビーバートンにある同社本社から少し歩いたところにある。「NIKE AIR MANUFACTURING INNOVATION BUILDING」と名付けられた施設は、ナイキ エアの製造と技術革新のための場所として稼働している。

これまで、この工場とミズーリ州セントチャールズにあるもう1つの工場で1300人の熟練工が24時間体制で働き、35億個のエアユニットを生産してきた。

同社は、エアの技術を新素材やコンピューターを駆使したデザイン、新しい生産機器などによって革新しており、その結果、エアはランニングの可能性を大きく広げる存在となった。さらに、様々なスポーツにも取り入れられ、新しいスタイルの波を起こしている。

《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top