地球で帰りを待つ高橋一生に胸キュン!妻役に長澤まさみ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

地球で帰りを待つ高橋一生に胸キュン!妻役に長澤まさみ

エンタメ 出版・映像

dTV 新CM「ふたりをつなぐ物語」篇
  • dTV 新CM「ふたりをつなぐ物語」篇
  • dTV 新CM「ふたりをつなぐ物語」篇
  • dTV 新CM「ふたりをつなぐ物語」篇
  • dTV 新CM「ふたりをつなぐ物語」篇
  • dTV 新CM「ふたりをつなぐ物語」篇
長澤まさみと高橋一生という、人気・実力ともに日本を代表する俳優2人が、映像配信サービス「dTV」の新CMにて夫婦役で共演決定。東京と宇宙ステーション…遠く離れた場所で暮らす夫婦が映像作品を通じて互いに心を通わせ合う心温まるストーリーとなっており、本日2月15日(水)より放送開始される。

長澤さんが演じるのは、宇宙飛行士になる夢を実現させて宇宙ステーションに滞在する妻。そして東京の街で働きながら妻の帰りを待つ夫を高橋さんが演じ、遠く離れて暮らす夫婦の物語を描く。本CMの大きな見どころの一つは、長澤さんが初めて挑んだ宇宙飛行士役。長澤さん自身も驚くほど、精巧で本格的な宇宙ステーションのセットの中で、無重力空間を浮遊する様を表現するため、8時間を超えるワイヤー撮影に挑戦。そんな慣れない環境の中でも、遠く離れた夫を想う、心の機微を、繊細に表現しており、タブレットを片手に、まるで本当に宇宙空間にいるかのように体を360度回転させるなど、体当たりで演じきっている。

演じる上で意識した点について長澤さんは、「ある夫婦のごく普通の、普遍的な日常を描いているストーリーなので、今回高橋さんと一緒に撮影をすることは出来ませんでしたが、旦那さんを想い浮かべながら、そしてこういう夫婦はどんな感じなんだろうと想像し、夫婦としての思いやりを上手く出せたらなと思いながら演じました」とコメント。またワイヤー撮影については、「体をつられて無重力空間にいるという設定はとても大変でした。無重力に見えるように、体の動きを作らなければならなかったので、中々ハードな撮影でした(笑)」と語っている。

一方、高橋さんは「セットもとても作りこまれていて、作品の中に没入できるようなアイテムがたくさんありました。奥さんが宇宙飛行士なので、宇宙に関する本や辞典だったりが部屋の中にたくさんあって、離れた場所で待つ寂しさを感じることができたと思います」と、細部にまでこだわりが見られるCMとなっていると話している。

さらにテーマ曲として、世界的トップアーティストであるブルーノ・マーズの「Talking To The Moon」を起用。楽曲が持つ歌詞の世界観ともシンクロし、物語により一層深みをもたらしている。

dTV 新CM「ふたりをつなぐ物語」篇は2月15日(水)より放送開始。
《編集部@cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

page top