ジョコビッチが大会連覇、粘るマレーを振り切る「いつも接戦になる」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ジョコビッチが大会連覇、粘るマレーを振り切る「いつも接戦になる」

スポーツ 短信

ノバク・ジョコビッチ(2017年1月7日)
  • ノバク・ジョコビッチ(2017年1月7日)
  • アンディ・マレー(2017年1月7日)
男子テニスのカタール・オープンは1月7日に決勝を行い、第2シードのノバク・ジョコビッチが第1シードのアンディ・マレーを6-3、5-7、6-4で破った。ジョコビッチはマレーの連勝を28で止め、大会連覇を果たした。

新シーズン初戦から世界ランク1位と2位の直接対決になった決勝戦。世界最高峰のディフェンス力を持つふたりの試合は、3時間近い長丁場になった。ジョコビッチは第2セット第10ゲーム、サービング・フォー・ザ・チャンピオンシップを迎えるが、ここからマレーがマッチポイント3本しのいでブレーク。3ゲーム連取でセットカウント1-1に戻した。

第3セットも両者譲らない攻防を見せたが、ジョコビッチが第7ゲームでブレークに成功。最後はこの試合4本目のマッチポイントをものにして勝利した。

タイトルを防衛したジョコビッチは試合後、「アンディと戦うのは、自分の鏡像と戦うような気分だ」とプレースタイルの似通ったライバルについてコメントしている。

「35試合かそれ以上を戦って、本当に一方的だった試合はまったく思い出すことができない。ほとんどの試合は最後の数ポイントまでもつれる接戦だった」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

スポーツ アクセスランキング

  1. 木村沙織の結婚報告に…「さおりんと結婚なんて羨ましすぎる!」とファンの声

    木村沙織の結婚報告に…「さおりんと結婚なんて羨ましすぎる!」とファンの声

  2. 中田英寿、温度管理されていない日本酒を一口「マズい」

    中田英寿、温度管理されていない日本酒を一口「マズい」

  3. マリア・シャラポワ、薬物検査で陽性反応「全責任は負う」

    マリア・シャラポワ、薬物検査で陽性反応「全責任は負う」

  4. 甲子園出場を決めた出雲高校、歓喜に沸く中キャッチャーだけは輪の外に…なぜ?

  5. プロ野球交流戦スタート!ライオンズ×ベイスターズでエビ中が「始9式」

  6. 本田圭佑、ミランで先発続き「嬉しい。A代表ではフォワード」ハリルホジッチ監督

  7. コナー・マクレガーも驚き!ロナウドの筋肉美に「彼はアニマルだ」

  8. クリスティアーノ・ロナウドが酒、タバコをやらず、身体に刺青を入れない理由

  9. FAの上原浩治、球団公式サイトは「最大の損失」

  10. 中田英寿、日本酒イベントに前園真聖を呼んだものの「キャスティング間違えたかな」

アクセスランキングをもっと見る

まとめ

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら