アンディ・マレーが2017年に意欲…王座奪取から防衛 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アンディ・マレーが2017年に意欲…王座奪取から防衛

スポーツ 選手

アンディ・マレー 参考画像(2016年11月20日)
  • アンディ・マレー 参考画像(2016年11月20日)
アンディ・マレーにとって2016年は素晴らしい年になった。自身2度目のウィンブルドン制覇、リオデジャネイロ五輪での金メダル獲得、そして現行のランキングシステムができてから、英国男子として史上初の1位を獲得したのだ。

これまでは同年代のライバル、ノバク・ジョコビッチを追いかけてきたが、2017年は追いかけられる立場になる。新シーズンを前にマレーが抱負を語った。

「まだプレッシャーは感じていないが、シーズンが始まれば変わるかもしれない。だが、到達まで時間がかかったので、その場所に留まり続けるため必死に努力を続けようというモチベーションは持っている」

長く男子テニス界を牽引してきた通称BIG4の中で、マレーは4番手と見られてきた。しかし、今シーズンはロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダルがケガで苦しみ、ジョコビッチも後半に失速。夏場から調子を上げてきたマレーが一気にトップへ躍り出た。

雌伏の時を経て念願のランキング1位を獲得したマレーだが、王座を守り続けることの難しさも知っている。

「厳しいことは分かっている。素晴らしい若手も大勢出てきた。長い間テニス界のトップに君臨し続けてきた選手たちもいる。ノバクは今後も素晴らしいテニスを続けていくだろうし、ロジャーもラファも負傷せず戦えることを期待したい。そうなれば来年のツアーは本当に楽しいものになるだろう」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top