西武、岸孝之の補償は金銭「選手による補償は求めない」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

西武、岸孝之の補償は金銭「選手による補償は求めない」

スポーツ 選手

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
西武は12月15日、楽天にFA移籍した岸孝之投手の補償について、「選手による補償」を求めないと発表した。楽天から西武への補償は金銭で支払われることになる。

現行のFA制度では高額年俸選手をFAで獲得した場合、その球団は旧所属球団に人的あるいは金銭的な補償をすることになっている。楽天から名簿を受け取った西武はニーズに合致する選手がいないと判断、岸の補償として今シーズン年俸2億2500万円(推定)の80%にあたる1億8000万円を受け取ることに決めた。


金銭補償を決めた西武にファンからは、「だろうな」「楽天の選手層を考えたら当然だわな」「それもある意味つらいなぁ」「西武と楽天では補強ポイントが違うので一概には言えないが、プロテクト漏れしてる選手で欲しいと思える名前がなかったんだろうな」「ライオンズさんの判断が「でしょうね」感満載なのは気のせいっすかね…」「そうなるだろうと思ったら、その通りの結果だった」などの声が寄せられている。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top