ソフトバンク、ファンが選んだ「2016年のベストシーン」を動画で公開 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク、ファンが選んだ「2016年のベストシーン」を動画で公開

スポーツ 動画

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
福岡ソフトバンクホークスは12月7日、ファンが選んだ「2016年のベストシーン」をツイッターにて動画で公開した。

「HAWKS SHOW TIMEファンが選んだベストシーン」とし、ファンフェスティバルの際にアンケートを実施。その結果を、ファンのコメントや該当するシーンの動画で紹介している。ベスト5から発表されており、ファンは中村晃選手の巧みなバットコントロールや今宮健太選手のファインプレー、柳田悠岐選手のフルスイングなどを印象的なシーンとして挙げる。

そして1位に輝いたのは、吉村裕基選手が4月17日に放った2打席連続の本塁打。1打席目は、4-7とリードされて迎えた9回裏に放った、同点となる3点本塁打。2本目は、12回裏に放ったサヨナラ本塁打。4月14日に熊本地震があった直後だっただけに、被災地に勇気をとどけるアーチとして、ファンの印象にも強く残っているようだ。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top