サッカーベルギー代表アザール、主将として挑むW杯予選「何かを勝ち取りたい」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

サッカーベルギー代表アザール、主将として挑むW杯予選「何かを勝ち取りたい」

スポーツ 選手

エデン・アザール 参考画像(2015年10月10日)
  • エデン・アザール 参考画像(2015年10月10日)
サッカーベルギー代表は11月13日、エストニア代表とロシア・ワールドカップ(W杯)予選で対戦し、8-1で勝利した。トーマス・ムニエルの代表初ゴールのあと、エデン・アザールらのゴールで追加点を挙げ大勝している。

前半を3-1で折り返したベルギーは後半、ドリース・メルテンスとロメル・ルカクが2点ずつ奪ってリードを広げた。これでベルギーは4戦全勝、4試合で21得点と強さを発揮している。

今回の予選に主将として挑むアザールは試合後、この立場を楽しんでいると話した。

「キャプテンを務めるのは良いことだ。僕はこの立場を楽しんでいるよ。ピッチ上のリーダーになれるよう頑張る。僕にとって新鮮なことだ。僕はまだキャプテンになって1年目なんだ。楽しんでいるし、W杯出場までベルギー代表を引っ張っていきたい。母国とともに何かを勝ち取りたい」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top