吉田麻也、オバマ大統領の広島訪問に「大きな一歩になると願う」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

吉田麻也、オバマ大統領の広島訪問に「大きな一歩になると願う」

スポーツ 短信

吉田麻也、オバマ大統領の広島訪問に「大きな一歩になると願う」
  • 吉田麻也、オバマ大統領の広島訪問に「大きな一歩になると願う」
  • オバマ大統領と安倍総理大臣
  • 吉田麻也 参考画像(2015年11月28日)
  • ツイッターより
サッカー日本代表DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)が5月27日、オバマ大統領の広島訪問について「大きな一歩になると願う」とツイッターでコメントした。

オバマ氏はG7伊勢志摩サミット終了後、現職のアメリカ大統領として初めて原爆地の広島市を訪れた。安倍晋三首相とともに市内の平和記念公園で原爆慰霊碑に献花し、黙とうを捧げたあと、献花に立ち会った広島や長崎市民、被爆者の人々を前に所感を述べた。

長崎市出身の吉田は、この日の深夜にツイッターを更新。

「US president visited Hiroshima for the first time since atomic bombs were dropped. Hope It gonna be huge step.」(原子爆弾が落とされて以来、米国大統領が初めて広島を訪れました。それは大きな一歩であることを願っています。)

第2次世界大戦末期に広島と長崎に原子爆弾が投下されてから71年目。「核なき世界」に向けた歴史的な一歩に、吉田は平和を願う想いをつづった。

吉田のツイッターには、「なにかかわる事を願いたい」「この日が、被爆された方や世界中にとって、とても意味のあるものとなり、核廃絶へとつながることを強く願います」「いつか、世界中が平和になるためにアメリカ大統領が長崎にも来てほしいね」などのコメントが寄せられていた。

《桜川あさひ》

編集部おすすめの記事

page top