バスケット女子日本代表・高田真希、リオデジャネイロ五輪への想い「小さい頃からの夢」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

バスケット女子日本代表・高田真希、リオデジャネイロ五輪への想い「小さい頃からの夢」

オピニオン ボイス

バスケットボール女子日本代表・高田真希(デンソー アイリス)
  • バスケットボール女子日本代表・高田真希(デンソー アイリス)
  • バスケットボール女子日本代表・高田真希(デンソー アイリス)
  • バスケットボール女子日本代表・高田真希(デンソー アイリス)
  • バスケットボール女子日本代表・高田真希(デンソー アイリス)
  • バスケットボール女子日本代表・高田真希(デンソー アイリス)のサイン色紙をプレゼント!
バスケットボール女子日本代表の高田真希(たかだ まき)選手。地元愛知の名門・桜花学園高でインターハイ優勝などを経験し、女子日本リーグのデンソー アイリスでプロの道へ。1989年8月23日生まれの26歳。

プロデビュー後は新人王獲得、1年目から日本代表に選出されて以降、日本女子バスケット界でも中心メンバーのひとりとして活躍。2015/16シーズンは得点ランキングとリバウンドランキングでリーグ1位を獲得した。

日本代表経験も豊富な高田選手に、バスケットボールの魅力、リオデジャネイロオリンピックへの想いなどを聞いた。

インタビューその1:五輪メダル獲得に向けて「挑戦していく気持ちがすごく大事」



高田真希選手(デンソー アイリス)

---:フリースロー成功率で2015/16シーズンはランキング2位を獲得していますね。高田選手はフリースローの前に必ず行うルーティンがありますが、いつ頃から始めたのですか?

高田:一昨年のシーズンの途中から始めました。フリースローを打つ機会が多いのですが、それまで苦手だった。ノーマークで打つので絶対に入れないといけませんが、緊張してしまったり疲れてきたりすると外すケースが多く、ただひとつリラックスする動作を入れたことによって、フリースローの確率が格段に上がった。1回やってうまくいったので、それを続けていて、今ではフリースローを打つのが苦手ではなくなったという感じです。

---:そのルーティンを始める前は何をするでもなく、ただ投げるだけだった?

高田:ただ投げて、緊張してブレたりとかすることが多かったので、どうしたらいいのだろうと考えながら取り入れました。

---:どのようなルーティンか説明してもらえますか?

高田:ドリブルを2、3回ついて、ボールを回す。回す動作を入れてセットするだけ。この動作を入れただけで肩の力が抜けるというか、これをするようになって打つようになったら(成功率が)上がりました。

---:他の選手はルーティンはあるのでしょうか?

高田:ボールを回す選手もいますし、ただドリブルをついたり、(ボールを)もらってそのまま打ったり。選手によって色々ありますね。

---:他にスポーツは何が好きですか?

高田:兄が野球をやっていたので野球は好きですし、サッカーもテレビでやっていたら観たりします。

---:以前、中日ドラゴンズの始球式をやったことがあるそうですが、その時の結果は?(高田選手は中日の地元、愛知県の出身)

高田:結果はワンバウンドして手前で落ちて、っていう感じです。練習ではうまくいっていたんですが(笑)。

---:スポーツ以外にテレビで観るものはありますか?

高田:基本的にバラエティーが好きなので、休みの日は録画したやつを観てリフレッシュしています。

---:お気に入りの芸人さんは?

高田:ん~、みんな面白いです!面白い人が好きです。



---:ハマっていることはありますか?

高田:今だと野球のシーズンが始まったのでドームに観に行ったり、テレビをチェックします。あと食べることが好きなので美味しいところをネットで探して、そこに行ったりとか。

---:小さい時に「これを食べていたから背が大きくなった」ものはありますか?(高田選手の身長は183cm)

高田:朝ごはんはしっかり食べていましたね。牛乳は毎日飲んでいましたし、ヨーグルトも毎日食べて。背が伸びると言われているものはだいたい毎日食べていたような気がします。あとはよく寝てたって感じです。

---:食べ物は何が一番好きですか?

高田:焼肉とお寿司は鉄板ですね!

【次ページ リオデジャネイロオリンピックへ向けて】
《五味渕秀行》

編集部おすすめの記事

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら