ナショナルズのシャーザー、MLBタイ記録の1試合20奪三振 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ナショナルズのシャーザー、MLBタイ記録の1試合20奪三振

スポーツ 短信

マックス・シャーザー(右)がMLBタイ記録の1試合20奪三振を達成(2016年5月11日)
  • マックス・シャーザー(右)がMLBタイ記録の1試合20奪三振を達成(2016年5月11日)
  • マックス・シャーザー 参考画像(2016年5月11日)
ワシントン・ナショナルズのマックス・シャーザー投手が5月11日、デトロイト・タイガースとの試合で先発し20三振を奪った。試合はシャーザーの好投もありナショナルズが3-2で勝利している。

2014年までタイガースに所属していたシャーザー。対するタイガース先発のジョーダン・ジマーマンも昨季までナショナルズ所属。互いに古巣相手となった試合で7回3安打3失点、3奪三振とまずまずの投球を見せたジマーマンに対し、シャーザーが圧巻の投球を披露した。

初回ふたつの三振を奪うと、二回には三者連続三振。三回以降も順調に三振を奪い、ソロ本塁打で2点は失ったが完投。九回までに20奪三振はメジャー史上4人目の最多タイ記録。

20奪三振の快投を見せたシャーザーにファンからは、「今年は不安定かなと思ったがやっぱりすごいね」「今日はアウト全部三振で取ってやるって感じだった」「27個アウト取るゲームで20個三振はすごい」と驚きの声が寄せられている。

1998年に20奪三振を達成した、元シカゴ・カブスのケリー・ウッド投手も試合後にツイッターを更新して、「おめでとう、シャーザー。今夜は印象的で支配的なパフォーマンスだった」と祝福した。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top