バイエルン移籍のフンメルス、DFBポカールを置き土産に | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

バイエルン移籍のフンメルス、DFBポカールを置き土産に

スポーツ 選手

マッツ・フンメルス 参考画像(2016年4月30日)
  • マッツ・フンメルス 参考画像(2016年4月30日)
  • マッツ・フンメルス 参考画像(2016年5月7日)
  • マッツ・フンメルス 参考画像(2016年5月7日)
ボルシア・ドルトムント(BVB)のドイツ代表DFマッツ・フンメルスが、ライバルクラブのバイエルン・ミュンヘンに移籍することが決まり、両クラブから正式発表があった。フンメルスはDFBポカール優勝をドルトムントへの置き土産にしたいと話している。

バイエルンの下部組織出身で家族は今もミュンヘンに住んでいるフンメルス。世界有数のビッグクラブであり、古巣でもあるバイエルン復帰は必然だったのかもしれない。

フンメルスはクラブを通じて、「BVBで成功に満ちた8年半を送ってきた僕にとって、今回の決断を下すのは簡単ではなかった。BVBのユニフォームでプレーすること、そしてこの特別なチームの一員であることをずっと誇りに思ってきたし、今もそれに変わりはない」とコメントしている。

フンメルスがドルトムントの選手として戦う最後の試合は、5月21日のDFBポカール決勝。相手は奇しくもバイエルンだ。

今季もドイツ・ブンデスリーガでライバルの独走を許したドルトムント。残された唯一のタイトル獲得チャンスに、「DFBポカールをドルトムントに持ち帰り、皆さんと盛大に優勝を祝いたい。そのために全力を尽くす」とフンメルスは決意を語った。


《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top