フンメルスの移籍希望、ドルトムントのトゥヘル監督がコメント | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

フンメルスの移籍希望、ドルトムントのトゥヘル監督がコメント

スポーツ 選手

マッツ・フンメルス 参考画像(2015年8月30日)
  • マッツ・フンメルス 参考画像(2015年8月30日)
  • ボルシア・ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督 参考画像(2016年2月9日)
ボルシア・ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は、マッツ・フンメルスがバイエルン・ミュンヘンへの移籍を希望したことについて「対処すべき状況がハッキリした」とコメントした。

以前から噂があったフンメルスのバイエルン入り。本人の口から移籍希望が明言されたことにトゥヘル監督は、「我々が対処しなければいけないことへの状況がハッキリしたからうれしく思うよ。彼が自分の希望を口にしたのだから、こちらももう待つ必要はない」と話している。

実現すればドルトムントからバイエルンへは近年だけでもマリオ・ゲッツェ、ロベルト・レヴァンドフスキに続く3人目の移籍となる。サポーターの間には「またか」という困惑と怒りが広がっている。

「何年も一緒にいたキャプテンがクラブを離れるというのだから、ファンがとてもガッカリしていることは想像にかたくない。彼は退団して国内最大のライバルへ加わりたがっている。もちろんそれが気にくわず次の試合などで示す人がいるだろう」

ただでさえバイエルン一強が続くブンデスリーガ。主力選手の相次ぐ引き抜きでパワーバランスが崩れることを心配する声は多い。フンメルスの離脱があったとしても、来季も『打倒バイエルン』の一番手として、このリーグに競争をもたらしたいとトゥヘル監督は考えている。

「バイエルンへの挑戦をやめはしない。来季も我々は競争力あるチームをピッチ上に擁する」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top