中田英寿「今までになく面白そう」日本酒セラー開発プロジェクト中間報告会 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中田英寿「今までになく面白そう」日本酒セラー開発プロジェクト中間報告会

ライフ 社会

中田英寿が「日本酒セラー開発プロジェクト」中間報告会に出席
  • 中田英寿が「日本酒セラー開発プロジェクト」中間報告会に出席
  • 中田英寿が「日本酒セラー開発プロジェクト」中間報告会に出席
  • 中田英寿が「日本酒セラー開発プロジェクト」中間報告会に出席
  • 中田英寿が「日本酒セラー開発プロジェクト」中間報告会に出席
  • 中田英寿が「日本酒セラー開発プロジェクト」中間報告会に出席
日研トータルソーシングが運営するモノづくり求人サイト「e 仕事」は、「日本酒セラー開発プロジェクト」の中間報告会を行ったと発表した。

「日本酒セラー開発プロジェクト」は、日本全国250か所以上の酒蔵を訪問した中田英寿氏発案のプロジェクトだ。中田氏と同サイトが立ち上げたプロジェクト「モノづくりニッポン e 仕事×ReVALUE NIPPON」の第3弾となる。プロダクトデザインは、デザインオフィス「nendo」代表の佐藤ナオキ氏。同プロジェクトに賛同する酒蔵も参加している。

また求人サイト「e 仕事」にて、日本酒セラー開発に携わり、プロジェクトを世の中に発信するソーシャルインターンを一般から募集し、2名が決定。3月28日(月)に中田氏、佐藤氏、ソーシャルインターンの高野哲さん、松本真梨子さん、プロジェクトメンバーが集い、中間報告会を実施した。

報告会では、佐藤氏が日本酒セラーのデザインや機能に関する進捗を報告。デザインについて「オブジェのようなイメージで、ミラー仕立てになります。360度どこから見ても美しいデザインになります」と説明があった。

中田氏は、日本酒セラーに搭載される温度管理画面について「大きく、表示がシンプルなものが良い」と意見を伝えた。報告会では販売戦略についても話が及び、中田氏が「今までにない面白そうなモノが出来ますね、海外の友人にこの話をしてみたところ、『是非やりたい』と言われる。もしかしたら、海外の方が反応が早いかもしれないですね」と感想を述べた。

最後には、当日初めて中田氏と対面したインターン2人の活動進捗も確認。ソーシャルインターンの松本さんは「酒蔵の現場の温度管理は本当に凄かった。海外に対しても、そのままの味で伝えたい」と意気込みを語った。

同プロジェクトは、4月下旬に再度報告会を行う。最終的には、5月末に香港で開催される「VINEXPO」での日本酒セラーお披露目を予定している。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top