毎年8000キロもの距離を泳ぎ、命の恩人の元へ帰る1羽のペンギンの秘密 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

毎年8000キロもの距離を泳ぎ、命の恩人の元へ帰る1羽のペンギンの秘密

エンタメ 動画

毎年8000キロもの距離を泳ぎ、命の恩人の元へ帰る1羽のペンギンの秘密
  • 毎年8000キロもの距離を泳ぎ、命の恩人の元へ帰る1羽のペンギンの秘密
ブラジル、リオデジャネイロ沖の小さな島での心温まる物語。毎年8000キロもの距離を泳いで島に来る1羽のペンギンの物語が感動的。

その島に住むパートで漁師をやっている71歳の”ジョアン・ペレイラ・デ・ソウザ”さんは2011年に、島のビーチで油まみれで瀕死のペンギンを発見した。ジョアンさんの献身的な看病の甲斐あり、すっかり元気になったペンギン。彼は海に還そうとするが、ペンギンは戻ってきてしまう。仕方なく、ジョアンさんは、そのペンギンを”ジンジン”と名付け、一緒に暮らすことにした。

その後、11ヶ月間一緒に暮らした2人だが、ある時、”ジンジン”は急に姿を消してしまった。”ジョアン”さんは、”ジンジン”はきっと、元いるべき処に帰ったのだと思ったという。ジンジンの元いる場所とは、アルゼンチンやチリ沖で、この島からは約8000キロも離れているため、もう2度と会えることはないだろうと思っていたという。

しかし、”ジンジン”がいなくなって2か月後、海岸にペンギンの姿が。さらに、そのペンギンは”ジョアン”さんを見つけると歩み寄ってきた。なんと、”ジンジン”は8000キロを泳ぎ戻ってきたのだった。

帰ってきたその後だが、8か月間を”ジョアン”さんと過ごし、2月の繁殖期頃にいなくなり、6月になるとまた島に還ってくるという生活が4年間続いているという。約8000キロもの旅をし、命の恩人のもとへ毎年帰ってくる”ジンジン”この感動的なストーリーが世界で話題になっている。

動画では、ジンジンと”ジョアン”さんの仲の良い姿が映されている。


”ジンジン”は命の恩人の”ジョアン”さんにしか懐いておらず、他の人が触ろうとすると突っつくそうだ。

原題:「また、会いにきたよ」命の恩人のために毎年8,000キロを泳いでくるペンギンさん
記事提供:FUNDO
page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら