五郎丸ら巨大レゴ作品に…日本で2人「レゴ職人」が作成 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

五郎丸ら巨大レゴ作品に…日本で2人「レゴ職人」が作成

イベント スポーツ

五郎丸ら巨大レゴ作品に…日本で2人「レゴ職人」が作成
  • 五郎丸ら巨大レゴ作品に…日本で2人「レゴ職人」が作成
  • 五郎丸ら巨大レゴ作品に…日本で2人「レゴ職人」が作成
  • 五郎丸ら巨大レゴ作品に…日本で2人「レゴ職人」が作成
  • 五郎丸ら巨大レゴ作品に…日本で2人「レゴ職人」が作成
  • 五郎丸ら巨大レゴ作品に…日本で2人「レゴ職人」が作成
  • 五郎丸ら巨大レゴ作品に…日本で2人「レゴ職人」が作成
  • 五郎丸ら巨大レゴ作品に…日本で2人「レゴ職人」が作成
  • 五郎丸ら巨大レゴ作品に…日本で2人「レゴ職人」が作成
レゴランド・ディスカバリー・センター東京は、スポーツ紙の一面をレゴで再現する「レゴアート展~2015年を彩ったスポーツニュース~」を、12月14日~1月8日まで同所で開催する。

今回選定されたのは、ラグビー日本代表が南アフリカ代表に逆転勝利を飾った、9月21日の日刊スポーツ紙1面記事。五郎丸選手らがレゴで表現されており、高さ120cm、横90cm、計5000ピースの巨大アート作品として仕上がっている。


ラグビーワールドカップ2015において、24年間ワールドカップで勝ち星のなかったラグビー日本代表が、世界ランキング3位、本大会でも3位になった南アフリカ代表に勝利したことは記憶に新しい。スポーツ界の大ニュースをレゴ作品として作成するのは今年度で4回目になるという。羽生結弦選手、錦織圭選手の記事などが過去にレゴで制作されている。

制作は、世界でも13人しか認定しておらず、日本で2人しかいないレゴ職人であるマスター・ビルダーの大澤よしひろさんが担当。約2週間の制作期間を経て完成させたという。

大澤さんは、「今回で日刊スポーツさんの記事をレゴで表現させてもらって4回目になりますので、少しは慣れてきましたが、やはり大変です。特に今回は顔の部分をつくるのに苦労しました」と制作で骨を折った点などについて語った。


今回の作品は、モチーフとなる記事の写真を、解像度を荒くしてモザイク状に印刷し、レゴで表現していったということだ。
《大日方航》

編集部おすすめの記事

page top