48歳カズ、来季も現役続行…横浜との契約更改を各国メディアも伝える | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

48歳カズ、来季も現役続行…横浜との契約更改を各国メディアも伝える

スポーツ 短信

三浦知良 参考画像(2013年6月9日)(c)Getty Images
  • 三浦知良 参考画像(2013年6月9日)(c)Getty Images
  • 三浦知良 参考画像(2013年6月9日)
横浜FCは11月11日11時11分に、FW三浦知良との契約更新を発表した。来季49歳になるカズとの契約延長を、世界中のメディアは驚きを持って報じた。

英国BBCが「日本のレジェンド三浦知良が、48歳で横浜と契約した」と伝え、米国CNNは「世界最年長のサッカー選手が契約を更改」と報じた。記事では三浦が1986年にブラジルのサントスでプロ生活をスタートさせ、キャリア30年目を迎えたことも紹介されている。

世界的に見ても希有な48歳での現役続行、それもフィールドプレイヤーとあって各国の注目度は高い。中には自国クラブで活躍する10代選手を指し、「彼が生まれる10年以上前から、カズは現役だったんだ」と驚きを表現する記者もいた。

英国の大衆紙『サン』は、三浦に「君の身体が許す限りプレーを続けてくれ」とエールを送った。三浦には50代でのプレーも期待される。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top