ツアー・オブ・ジャパン第5ステージレポート | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ツアー・オブ・ジャパン第5ステージレポート

バックナンバー 過去ニュース

ツアー・オブ・ジャパンも残すところあと2ステージ。ステージ優勝を狙うTeam VANG Cyclingは、前半から積極的に逃げを打った。

今日はステージ優勝を狙い前半から逃げを打った。
清水都貴のアタックをきっかけに、コニカミノルタ、狩野(スキル・シマノ)田代(BSアンカー)らのエスケープグループが出来る。福島晋一も単独で追いつき、計5名で先行する。

清水が引き福島が温存する形で後半まで進むが、単独で追いついてきたLLOYDがグループを破壊し、福島と清水は遅れてしまう。先頭はLLOYDと狩野が1分のリードでゴールし、後続集団は宮澤が2番手で入った。

今日の展開は完全に福島の勝ちパターンだったが、今日の彼の力はそれに伴っていなかった。今日の狩野(スキル・シマノ)の逆転を賭けての走りは、今大会の最高評価と言える。
(浅田監督コメント)


□5月20日 第5ステージ (伊豆ステージ 日本CSC+伊豆スカイライン) 110km
ステージ成績
1位 Matthew LLOYD (AUS) 3h12m26s
2位 狩野智也(スキル・シマノ)+0秒
…4位宮澤崇史、8位新城幸也、22位福島晋一+1分0秒

個人総合
1位 Vladimir DUMA (UKR/UNIVERSAL CAFE) 15h05m14s
2位 Jean-Lee AUGUSTYN (RSA/KONICA MINOLTA)+16秒
3位 狩野智也(スキル・シマノ)+1分28秒
…13位福島晋一+5分40秒、16位新城+8分10秒
《編集部》

まとめ

バックナンバー アクセスランキング

  1. スマホやタブレットがヴァーチャルコーチになるアプリMy E-Training

    スマホやタブレットがヴァーチャルコーチになるアプリMy E-Training

  2. アジア選手権ジュニア団体追い抜きで日本が優勝

    アジア選手権ジュニア団体追い抜きで日本が優勝

  3. ツールV7のアームストロングが2度目の引退

    ツールV7のアームストロングが2度目の引退

  4. トライアスロン世界選手権の日本代表選手団が決定

  5. フォイクトが使用する特注デザインをトレックが発表

  6. リッチーの新形状「カーブ」シリーズが3モデル

  7. インプレ第3回を公開 ライトスピードを徹底試乗

  8. 手組みで作られたアラヤの完組みホイールセット登場

  9. スヌーピーとコラボした限定ビクトリノックス発売

  10. 国体・自転車競技は自転車大国の福島県が総合優勝

アクセスランキングをもっと見る

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら