ツアー・オブ・ジャパン第4ステージレポート | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ツアー・オブ・ジャパン第4ステージレポート

バックナンバー 過去ニュース

ツアー・オブ・ジャパン第4ステージは、富士山個人タイムトライアル。Team VANG Cyclingは個人総合圏内外に関係なく、各選手全力で挑んだ。
  • ツアー・オブ・ジャパン第4ステージは、富士山個人タイムトライアル。Team VANG Cyclingは個人総合圏内外に関係なく、各選手全力で挑んだ。
ツアー・オブ・ジャパン第4ステージは、富士山個人タイムトライアル。Team VANG Cyclingは個人総合圏内外に関係なく、各選手全力で挑んだ。

今日の個人TTでは、個人総合圏内外に関係なくチーム各選手全力で挑んだ。
チーム最高位はエース福島晋一がトップから4分25秒遅れの14位と振るわなかったが、本人はゲガ復帰後確実に復調していることを確信したようだ。チームは残り2ステージのターゲットをステージ優勝に変えて走る。
(浅田監督コメント)


□5月19日 第4ステージ 富士山個人タイムトライアル(ふじあざみライン) 11.4km
ステージ成績
1位 Jean-Lee AUGUSTYN (RSA/KONICA MINOLTA) 40m56s
2位 Vladimir DUMA (UKR/UNIVERSAL CAFE) +1m01s
3位 Andrey MIZUROV (KAZ/CAPEC) +1m59s
…14位福島晋一+4分25秒、20位清水都貴+5分35秒、23位佐野淳哉+6分18秒、30位新城幸也+6分56秒、51位福島康司+9分08秒、60位宮澤崇史+10分11秒

個人総合
1位 Vladimir DUMA (UKR/UNIVERSAL CAFE) 11h51m48s
2位 Jean-Lee AUGUSTYN (RSA/KONICA MINOLTA)+16s
3位 Andrey MIZUROV (KAZ/CAPEC)+1分50秒
…14位福島晋一+5分40秒
《編集部》
page top