ツアー・オブ・ジャパン第3ステージレポート | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ツアー・オブ・ジャパン第3ステージレポート

バックナンバー 過去ニュース

ツアー・オブ・ジャパン第3ステージ、南信州ステージは起伏の激しい周回コース。Team VANG Cyclingにとっては厳しいレース結果となった。
  • ツアー・オブ・ジャパン第3ステージ、南信州ステージは起伏の激しい周回コース。Team VANG Cyclingにとっては厳しいレース結果となった。
ツアー・オブ・ジャパン第3ステージ、南信州ステージは起伏の激しい周回コース。Team VANG Cyclingにとっては厳しいレース結果となった。

今日は起伏の激しい周回コース。個人総合優勝を狙える力があるかどうか、「力試し」のステージ。
リーダーを擁するユニバーサルカフェの鉄壁を崩し、リードを奪うことを狙いスタートを切った。

前半から6人のエスケープに宮澤が乗り、後続集団は一定ペースのコントロールに入る。中盤もあまり大きな攻撃が無いまま、ラスト50kmを切り逃げを吸収。

他チームの攻撃を待ちきれず福島晋一、新城がアタックし、しばらく先行するが、大きなダメージを受けずに後半まで来たリーダーチームに簡単につぶされてしまい、勝負あり。
残りのステージでは戦い方を変えなければならない。
(浅田監督コメント)


□5月17日 第3ステージ 南信州ステージ(長野県飯田市)155.3km
1位 DI NUCCI Daniele (イタリア/ユニバーサルカフェ)4h11m17s
…17位 清水都貴+1分17秒、25位福島晋一、26位新城幸也+1分23秒
…51位佐野淳哉+6分53、53位福島康司+6分53秒、秒、64位宮澤崇史+14分35秒

個人総合成績
1位 DUMA Vladimir(ウクライナ/ユニバーサルカフェ)11h09m51s
…21位新城幸也、23位福島晋一 +2分15秒
《編集部》
page top