「佐渡ロングライド」はワンデーで国内最長の210km | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「佐渡ロングライド」はワンデーで国内最長の210km

バックナンバー 過去ニュース

5月28日に初開催される「2006スポニチ佐渡ロングライド210」は、日本で一番大きな島を一周するサイクリング大会。ワンデーイベントとしては国内最長距離となる210kmをはじめ、110・80・36kmの4コースが用意される。
  • 5月28日に初開催される「2006スポニチ佐渡ロングライド210」は、日本で一番大きな島を一周するサイクリング大会。ワンデーイベントとしては国内最長距離となる210kmをはじめ、110・80・36kmの4コースが用意される。
5月28日に初開催される「2006スポニチ佐渡ロングライド210」は、日本で一番大きな島を一周するサイクリング大会。ワンデーイベントとしては国内最長距離となる210kmをはじめ、110・80・36kmの4コースが用意される。

佐渡はこれまでトライアスロンのロングディスタンス大会が開催されていたが、自転車の大きなイベントは初めて。近年はフランスのエタップ・デュ・ツールやイタリアのグランフォンドなど長距離ライドの大会が人気だが、それを象徴するかのように今年から始まったイベントで、注目されている。
自転車専門誌のサイクルスポーツとアウトドア誌のBE-PAL、自転車関連メーカーが協賛し、試乗会なども行われる予定。
申し込みは5月10日(水)まで。まだ間に合う!


公式サイト
http://www.sadolongride.com
《編集部》
page top