ツール・ド・台湾第5ステージ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ツール・ド・台湾第5ステージ

バックナンバー 過去ニュース

ツール・ド・台湾第5ステージは、花蓮鯉魚湖周回138.6kmのコース。真鍋和幸選手(Team NIPPO)が2位で表彰台を飾った。

藤野監督から、第5ステージのレポート。


□第5ステージ 花蓮鯉魚湖周回 23.1km×6 =138.6km

翌日の自力勝負となる山岳ステージを前に今日は少しでもタイム差をつけてゴールする作戦となった。
しかしスタートから10キロほどで、リーダや総合上位の選手を含まない11名の逃げが形成され、真鍋はここに乗っていた。上位チームが残されていたのにも関わらず、5分以上の差が開いてしまう。

リーダーチームはまったく動く気配すらない。残り2周、日本チームが3人、メリダ3人、リーダー1人が先頭交代を始めた。
リーダーチームの選手間で意見の不一致があったのか先頭交代に加わるリーダーを、アシストは後ろからただ見ていたがラスト2周で集団から離脱。タイム差も詰められぬまま先頭集団は6分ほどリードしてゴール。
先頭に位置していた真鍋は最終回の上りで、O'BEE kirk(HNW)のアタックに反応したが、わずかに届かず2位でゴール。

リーダーは優勝したO'BEE kirk(HNW)に変わり、アジアリーダーも先頭で逃げていたLAM KAI TSUN(HKG)に交代して、日本チームにとって後味の悪いステージとなった。
この教訓を生かして残りのステージは更に積極的な走りをする事を心がけ、総合上位を目指そうと決めた。


……………………………………………………………………………
Stage5 Criterium Liyu Lake 138.6km
……………………………………………………………………………
1    O'BEE,Kirk  HealthNet presented by MAXXIS  3:05:25  .
2    真鍋和幸  日本代表/Team NIPPO    +0:10
3    BRONIS,Roman  Dukla Trencin    +0:13
-         
22    岡崎和也  日本代表/Team NIPPO    +6:12
33    飯島誠  日本代表/ブリヂストンアンカー    +6:12
40    田代恭崇  日本代表/ブリヂストンアンカー    +6:12
57    別府匠  日本代表/愛三工業レーシング    +11:23
……………………………………………………………………………
《編集部》
page top