2006シクロクロス世界選手権に9名の日本代表選手が出場 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

2006シクロクロス世界選手権に9名の日本代表選手が出場

バックナンバー 過去ニュース

1月28日~29日の2日間、オランダのZeddamでシクロクロスの世界選手権が開催される。
日本からはエリート2名、女子3名、U23に1名、ジュニア3名、総勢9名の選手が参戦する。

 シクロクロス世界選手権の開催されるZeddam(オランダ)はアムステルダムから電車で1時間半ほどの場所に位置する。シクロクロスで世界を目指す多くの日本人選手は、オランダに拠点を置き、転戦して来た経緯があり、第2の故郷とも言える国だ。現地にサポートスタッフがいてくれるという点も心強い。

今回のコースは、最近のシクロクロスで主流となる高速レースが予想されている。
コースに含まれる、起伏、泥エリア、そして高速に耐えられるパワーがあること、集団になった際のドラフティング、駆け引き等、集団の中で走る技術を習得していること、世界の舞台で戦える強い精神力を持つこと、を条件に9名のメンバーが選考された。

連続出場で期待がかかる辻浦選手(全日本4連覇中)、MTBの全日本タイトルを持つ山本選手(U23)、竹内選手(ジュニア)に加え結婚、出産から復帰した荻島選手や、17歳の高校生トリオ、42歳の大ベテラン小坂選手とフレッシュな17歳から、円熟味のある42歳ベテランまで、幅広い層から選手団が結成され、例年類を見ないほど、見どころの多い大会となっている。

サイクルスタイルでは、現地の結果をいち早く掲載していきます。
日本代表選手団の活躍に期待しましょう!!


<シクロクロスとは>

シクロクロスとは、cycle → cycloから来ており、英語ではサイクロクロスと発音する。
オフシーズンのトレーニングも兼ねて始められたもので、秋~冬に主に開催される。
急坂、泥地、階段などの障害物が配された周回コースを時にはバイクを押し、時には担ぎ
ながら、サーキットを8~10周する過酷な競技。

泥や雪などの障害の為、1周するとバイクは泥だらけになるため、選手はピットスタッフ
から代車を受け取り次の周回を戦うことになる。その間ピットでは、スタッフが高圧洗浄機で掃除を行う。

選手は周回中に「ラップされる=トップの選手に追いつかれる(周回遅れになると)」と
失格となるシビアなルール。

ヨーロッパでの人気は高くて、ベルギーで開催されたワールドカップには、7万人もの観衆が駆けつけました。日本でも近年シクロクロスバイクの人気も急上昇している。
《編集部》

バックナンバー アクセスランキング

  1. キャノンデールが来季戦力を発表 増田は外れる

    キャノンデールが来季戦力を発表 増田は外れる

  2. フレンチ60年代スタイルのレディースウエア登場

    フレンチ60年代スタイルのレディースウエア登場

  3. アジアジュニア選手権女子ロードで坂口聖香が2位

    アジアジュニア選手権女子ロードで坂口聖香が2位

  4. OVEでタレントの絹代さんと中村館長のトークショー

  5. キャノンデールが現リクイガスのメインスポンサーに

  6. ロードバイク試乗インプレ2008が16日に発売される

  7. マビックから注目の春夏ウエアがラインナップ

  8. 疋田智コラムは「子どもが初めて乗る自転車」

  9. フーターズガールが湾岸タイムトライアルに参戦

アクセスランキングをもっと見る

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら