ジャパンカップ来日選手がW杯第7戦で優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ジャパンカップ来日選手がW杯第7戦で優勝

バックナンバー 過去ニュース

全10戦で争われるW杯は、第7戦のクラシカ・サンセバスティアンが8月7日にスペインで行われ、ジャパンカップに来日するスペインのミゲールアンヘル・マルティンペルディグエロ(31)=サウニエルデュバル=が初優勝。
  • 全10戦で争われるW杯は、第7戦のクラシカ・サンセバスティアンが8月7日にスペインで行われ、ジャパンカップに来日するスペインのミゲールアンヘル・マルティンペルディグエロ(31)=サウニエルデュバル=が初優勝。
全10戦で争われるW杯は、第7戦のクラシカ・サンセバスティアンが8月7日にスペインで行われ、ジャパンカップに来日するスペインのミゲールアンヘル・マルティンペルディグエロ(31)=サウニエルデュバル=が初優勝。

同大会は24回と歴史こそ浅いものの、自転車競技の盛んなスペイン北部のバスク地方で開催される同国屈指のメジャーレース。民族意識の高い地域だけに、バスク出身者の活躍が期待されていたが、ついにサンセバスティアン生まれの王者が出現した。スペイン勢の優勝は90年のミゲール・インデュライン以来13年ぶり。

 レースは、前年の覇者パオロ・ベッティーニ(30)=クイックステップ=、W杯首位のダビデ・レベッリン(32)=ゲロルシュタイナー=のイタリア勢を含む7選手が第一集団を形成。勝負はゴールスプリントまでもつれ込み、マルティンペルディグエロが得意のスパートで優勝した。
 最新の世界ランキングで10位のマルティンペルディグエロは、この勝利でさらに順位を浮上させて来日する。

■ジャパンカップ出場予定選手(8月9日現在)

●ランプレ(イタリア)
セルジョ・バルベーロ(35)=イタリア=
マニュエル・クインツァート(24)=イタリア=
パオロ・ボッソーニ(28)=イタリア=
マッテオ・カッラーラ(25)=イタリア=
マリアノ・ピッコリ(34)=イタリア=
*リザーブ
アレッサンドロ・バッラン(24)=イタリア=
マルコ・ピノッティ(28)=イタリア=
監督=ファブリツィオ・ボンテンピ

●サエコ(イタリア)
ダミアノ・クネゴ(23)=イタリア=
レオナルド・ベルタニョッリ(26)=イタリア=
フアン・フエンテ(27)=スペイン=
アンドレアス・マツバッハー(22)=オーストリア=
エディ・マッツォレーニ(31)=イタリア=
アレッサンドロ・スペツィアレッティ(29)=イタリア=
シルベスタ・シュミット(26)=ポーランド=
アンドレア・トンティ(28)=イタリア=
*上記に補欠選手含む
監督=グイド・ボンテンピ

●ロット・ドモ(ベルギー)
*出場選手未定

●サウニエルデュバル・プロディール(スペイン)
ミゲールアンヘル・マルティンペルディグエロ(32)=スペイン=
レオナルド・ピエポーリ(33)=イタリア=
ダビド・カニャダ(29)=スペイン=
ホアキム・ロドリゲス(25)=スペイン=
フランシスコ・ベントソ(26)=スペイン=
*リザーブ
マニュエレ・モーリ(24)=イタリア=
ルーベンス・ベルトリアーティ(25)=スイス=
監督=ホセ・フェルナンデス

●アクションATI(ポーランド)
バルトシュ・フザルスキ(23)=ポーランド=
マレク・ルトキエビッチ(23)=ポーランド=
ピョートル・シュミエレフスキ(34)=ポーランド=
カジミエシュ・スタフィエイ(36)=ポーランド=
トマシュ・ブロジナ(34)=ポーランド=
*リザーブ
デニス・クラフト(22)=ドイツ=
マルチン・レバンドフスキ(27)=ポーランド=
監督=ピョートル・コスマラ

年齢は大会当日のもの

■2004ジャパンカップ サイクルロードレース
主催:   宇都宮市 財団法人日本自転車競技連盟
後援:   文部科学省 経済産業省 栃木県 日本自転車振興会
開催日:  2004年10月23日(土)、24日(日)
開催地:  栃木県宇都宮市・宇都宮市森林公園周回コース
《編集部》
page top